This page:腸内洗浄ができる病院・クリニック TOP > 腸内環境の改善 > 腸内洗浄のリスクと善玉菌の摂取による腸内ケア

腸内洗浄のリスクと善玉菌の摂取による腸内ケア

腸内洗浄というのは、直腸から直接、水などを入れて腸内をキレイにしようというものです。この方法は即効性があり目に見えやすいという意味で良いのかもしれません。しかし、継続することによるデメリットも知っておく必要があります。

腸内に温かいお湯などを入れるということは、からだの機能を考えると、自然には怒らないことです。そういった方法で強制的に腸内を洗った場合、腸が自律的な機能をうしない、自力での排便が困難になるというおそれがあります。

便秘解消に効果があるからといって、とくに考えなしに毎回繰り返しおこなっていると、いずれより重い便秘になってしまうこともあるのです。

また、医療機関ではなく自宅でおこなう場合、感染症や腸内を傷つけてしまうというリスクがあります。腸は粘膜に傷がついたり、傷からバイ菌が入ってしまう可能性もあります。

さらに、腸内細菌のうちからだにとって良いはたらきをする善玉菌も排出してしまうこともあるかもしれません。腸内洗浄をして美容と健康を促進しようとしたのに、かえって悪くなってしまうということが起きるかもしれないのです。

というわけで、そういった外部からの直接的な刺激ではなく、基本的にはからだの内側からキレイにすることが大事です。

現在、注目されているのが乳酸菌サプリメントです。健康のためにヨーグルトや乳酸菌飲料を摂っている人は少なくないと思いますが、それらから摂取されたビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、胃液や胆汁によって死滅しまう可能性が高いです。

せっかく善玉菌を摂っても、腸に届かずに死滅してしまっては、どれほどの効果を期待できるかわかりません。なかには腸まで生きて届くということを売りにしている商品もありますが、実際にどれほど強い乳酸菌をつかっているのかはあきらかではありません。

というわけで、以下のサイトにあるような善玉菌を増やすサプリを摂取するのが、基本的には望ましいと思います。

参考 : 善玉菌を増やす方法 - 人気サプリランキング -

サプリなら、胃酸や胆汁酸から善玉菌を守るためのカプセルなどを使用しているものもありますし、また1粒や1袋に非常に多くの善玉菌がこれでもかというくらい凝縮されています。

腸内洗浄をやるなら、できれば専門機関でおこなうのが望ましいでしょう。しかしその前に、できれば自分でできる腸内環境ケアをしておくべきではないでしょうか。

腸内環境の改善には、食生活や生活習慣を整えて、善玉菌を摂ることが近道です。食事・睡眠・運動を意識しながら生活をおくりつつ、善玉菌サプリを摂るというのがオススメの方法です。

善玉菌のチカラを借りて、腸内環境を改善していきましょう。